名刺グランド化

会社のクライアント情報について

会社の仕事していろいろな人と交流していると、自然と名刺を交換する機会も増えてきます。このような交流は、端緒としては個人的な行為によるものですが、仕事して考えると、会社としての交流と言う事が出来ます。 そこで、名刺などの情報についても、会社のほかの社員と共有することが、仕事全体で見ると効率的になると言う事が出来ます。 そこで役に立つのが名刺クラウド化です。もらった名刺をスキャンして、個人的にデータを管理するということはよく行われていますが、これを社内ネットで名刺クラウド化して、関係する社員同士で情報を共有するのです。 これにより、会社同士のつながりが、どのような人間関係で行われているか、明確にすることができます。

名刺情報の集中管理について

名刺クラウド化では、クラウドにアップした、生の情報を共有するか、新しい情報に更新するくらいが、現状一般的に行われていることです。 しかし、人事交流を総合的に把握するには、これだけでは効率的ではありません。データなどの情報は、管理して参照に供するだけではなく、積極的に活用することも重要です。そこで、名刺クラウドにおいても、個々の社員がアップしてきた情報を集中管理するだけではなく、総合的に把握することで、会社単位での交流を効率化させる試みが重要となります。 将来的には、独立したクラウド関連部署の立ち上げが望ましいのですが、現状では、集中管理から一歩先に進める段階にあることが多く、発展的な活用の方法が探られているものと考えられます。