電話受付業務の効率化

ヘッドセット

初期費用の安いクラウド型

コールセンターシステムにはパッケージ型とクラウド型があり、初期費用や運用のしやすさに違いがあります。パッケージ型は自社のサーバーにシステムを構築するタイプです。一般にはシステムの買取費用が50万円〜300万円以上に加えて、月々の保守費用が5千円〜20万円程度かかります。この費用はコールセンターの規模によっても、機能の豊富さによっても変わります。もちろんサーバーやPBXを準備する必要もあるので、初期費用はかなり高額になります。そのかわりカスタマイズが容易で、自社の他のシステムと統合しやすいことがメリットです。クラウド型のコールセンターはインターネット上のシステムを利用するタイプで、自社サーバーの必要がなく、初期費用を大幅に節約できるというメリットがあります。運用の柔軟性ではパッケージ型に及びませんが、手軽に設置できて素早く業務を始められるのも長所です。月額料金は席数に単価をかけて計算されるのが一般的です。最初は小規模でコールセンターを始め、事業の拡張に合わせて席数を増やしていくことも、比較的容易にできます。コールセンターのランニングコストのうち、人件費が7割を占めると言われています。この部分はパッケージ型でもクラウド型でもあまり変わらないので、長期的に見れば両者の初期費用の差は大きな問題ではないとも言えます。ただクラウド型であれば、人件費の安い海外に拠点を設置するといった戦術も可能でしょう。

オススメ記事

ヘッドセット

電話受付業務の効率化

コールセンターシステムにはパッケージ型とクラウド型があり、パッケージ型は初期費用が高額なかわりにカスタマイズしやすいのが特徴です。クラウド型は初期費用が安く、規模に合わせて柔軟に運用できるのがメリットです。

男女

顧客に伝えるべき情報

通販サイトがキャンペーンを開催している時に、初めてウェブサイトを閲覧した人にだけ、大きな広告を表示するといった設定ができるのもウェブ接客ツールの魅力です。何度も大きな広告を表示して、ユーザーから邪魔だと感じられる事もありません。

Copyright© 2017 ビジネスで大切な電話応対!企業に人気の電話代行サービス All Rights Reserved.